実際の利用者の評判・口コミを基に、利用するメリット・デメリットをご紹介します

レバテックキャリアの評判・口コミと選ばれる理由や注意点を解説!

更新日: 公開日:
レバテックキャリアの評判・口コミと選ばれる理由や注意点を解説!

この記事では、実際にレバテックキャリアを利用した方の評判・口コミを集め、レバテックキャリアがどんな転職エージェントなのかを調査した結果をご紹介しています。

レバテックキャリアの気になる評判・口コミだけでなく、求人傾向やサポート地域などの基本情報、レバテックキャリアが選ばれる理由や利用する上で注意すべきこと、おすすめな人の特徴まで詳しく解説しています。

この記事がおすすめな人
●レバテックキャリアの実際の評判・口コミを知りたい方
●レバテックキャリアがおすすめと言われる理由を知りたい方
●レバテックキャリアを利用するかどうか迷っている方
●IT転職におすすめの転職エージェントを探している方

このような方はぜひ参考にしていただければと思います。

この記事を書いた人

津田 徹(つだ とおる)

アクロスロード株式会社 代表取締役
津田 徹(つだ とおる)
世界のGiversを目指し、”日本で1番エンジニアを育成できる会社”を掲げて日々試行錯誤しています。成したエンジニアをグローバルに展開して、世界の課題をITを活かして解決したいと考えています。2021年3月「理解できればビジネスが10倍加速する! SEのトリセツ」を出版。プロフィール詳細はこちら

目次

  1. 1.レバテックキャリアの特徴
  2. 2.レバテックキャリアの評判・口コミを紹介
  3. 3.基本情報
  4. 4.押さえておくべきメリット5つ
  5. 5.知っておくべきデメリット4つ
  6. 6.レバテックキャリアがおすすめな人の特徴
  7. 7.登録から入社までの利用の流れ
  8. 8.レバテックキャリアを有効活用するコツ
  9. 9.まとめ

 

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴

IT・Web系エンジニア・クリエイター専門の転職エージェントとして15年の実績
■厳選されたITエンジニア・クリエイターの求人が常時5000件以上
■キャリアアドバイザーは勉強会などを通じ業界知識や最新技術を常にアップデート
■IT人材に対する理解力が高いキャリアアドバイザーが強みを引き出し転職を徹底サポート
■会員登録者数20万人越え、IT人材の5人に1人が登録している転職エージェント

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニアやクリエイターに的を絞った転職支援を行っているため、その専門性の高さに定評がある転職エージェントです。

専門特化しているため登録利用者の7~8割がエンジニアの方で、年代層は20代後半から30代前半の方が多いようです。

またレバテックキャリアが扱っている求人は実務経験を求められる内容のものが多い傾向にあるため、今よりもっとスキルアップを目指したいという若手層のエンジニア経験者におすすめです。

主なサポート地域は首都圏・愛知・大阪・京都・福岡と限定的ではありますが、この地域に居住中の方であれば魅力的な企業に出会えるはずです。

実際にレバテックキャリアを利用した方の評判・口コミを調査した結果、特にキャリアアドバイザーに関する評判とサポートサービスに関する評判が良いです。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは専門領域の勉強や情報収集を欠かさず行っており、IT業界やエンジニア職に対する理解度の高さは業界トップクラスレベルと言えます。

そして知識量・情報量が豊富だからこそ求職者ごとに適切なマッチングを行うことができているのでしょう。
 

 

レバテックキャリアの評判・口コミを紹介

レバテックキャリアの評判・口コミを紹介

レバテックキャリアの良い評判・口コミ

レバテックキャリアはIT業界・エンジニア転職におすすめと口コミでも評判

経験者向けという口コミ多数

キャリアアドバイザーの質が高く優秀と評判

スピード感のある対応をしてもらえる

キャリアアップにおすすめ

知識・情報量がすごいと口コミでも評判

エンジニアの学びや成長を支えてくれる

レバテックキャリアは求人企業からの評判も良い

レバテックキャリアの悪い評判・口コミ

地方転職に向かない

未経験可求人が少ない

利用を断られた

担当アドバイザーから連絡が来なくなった

基本情報

レバテック株式会社

基本情報

レバテックキャリアの基本情報をご紹介します。

転職サービス名 レバテックキャリア
公開求人数 5,146件(2021年6月時点)※募集中の求人のみ
非公開求人数 非公開
面談可能なオフィス 【渋谷(東京本社)】
〒150-6190
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア24F/25F Google Map

【名古屋】
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄3-3-21 Google Map

【大阪】
〒530-0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30 堂島プラザビル8F Google Map

【福岡】
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡12F Google Map

サポート対象地域 首都圏(東京/神奈川/千葉/埼玉)
愛知
関西(京都/大阪/兵庫)
九州(福岡)
運営会社 レバテック株式会社
関連サービス フリーランスエンジニア支援
__レバテックフリーランス
クリエイター支援
__レバテッククリエイター
学生向けプログラミングスクール
__レバテックカレッジ
ハイクラス専門転職
__レバテックエキスパート
エンジニア新卒就職
__レバテックルーキー
スカウト機能付き求人メディア
__レバテックダイレクト
ITエンジニア特化型Q&Aサイト
__teratail
IT/Web業界の1回完結型無料勉強会
__ヒカ★ラボ

レバテックキャリアの求人傾向

ここでは、レバテックキャリアの求人傾向について調査した結果をご紹介していきます。

レバテックキャリアの業界求人傾向

2021年6月時点でのレバテックキャリアの業種別求人率は以下の通りでした。
レバテックキャリア業種別求人率
レバテックキャリアの業界別求人率の上位3業界は、ソフトウェア業界・インターネット業界・コンサルティング業界となっており、全体の約50%をIT/通信業界の求人が占めていることが分かります。

目指したい業界がIT/通信業界、サービス業界(人材/教育、コンサルティング、医療/福祉)、メディア/エンターテイメント業界(ゲーム、Web)の場合、豊富な選択肢を得られるはずです。

レバテックキャリアの職種求人傾向

2021年6月時点でのレバテックキャリアの職種別求人率は以下の通りでした。
レバテックキャリア職種別求人率
レバテックキャリアの職種別求人率上位3職種は、プログラマー・システムエンジニア、プロジェクトマネージャー・プロジェクトリーダー、コンサルとなっていました。
レバテックキャリアPG・SE求人内訳
もっとも求人が多かったPG・SEの中では、インフラエンジニア、サーバーサイドエンジニア、アプリケーションエンジニアの求人が特に多く、これらの職種での転職を検討している方であれば、選択肢の幅が広がるでしょう。

レバテックキャリアの言語求人傾向

2021年6月時点でのレバテックキャリアの言語別求人件数は以下の通りでした。

言語 求人数
Java 2,034件
JavaScript 1,252件
PHP 1,220件
Python 1,135件
C# 868件

レバテックキャリアの言語別求人件数上位3言語は、Java、JavaScript、PHPとなっており、Java案件とJavaScript案件が全体の約50%を占めていました。

この上位3言語は企業からの採用ニーズが特に高く、レバテックキャリアだけでなくどの転職エージェントでも求人数が多くなっています。

レバテックキャリアのサポート地域

レバテックキャリアのサポート地域は以下のエリアに限定されています。

  • 首都圏(東京/神奈川/千葉/埼玉)
  • 愛知
  • 関西(大阪/兵庫/京都)
  • 福岡

レバテックキャリアが扱う求人のうち特に求人数が豊富な地域は東京/大阪/福岡の3エリアとなっていますが、やはりずば抜けて求人数が多いのは東京です。
レバテックキャリア都道府県別求人率
保有求人の約70%が東京エリアの求人となっている(2021年6月時点)ことから、レバテックキャリアは都内でのIT転職を検討しているエンジニア/クリエイターをメインターゲットとしていることが分かります。

上記サポート地域以外のエリアとなると、ほとんどが求人数10件以下や0件の県もあり、(そもそも紹介できる求人を保有していないため)利用を断られる可能性もあります。

レバテックキャリアのサポート対象地域外での転職を検討しているエンジニア/クリエイタ―の方は、全国の求人をバランスよく取扱っている総合型転職エージェントの利用を視野に入れてみるといいでしょう。

押さえておくべきメリット5つ

押さえておくべきメリット5つ
ここでは、レバテックキャリアの評判・口コミを調査して見えてきたレバテックキャリアが選ばれる理由についてご紹介していきます。
レバテックキャリアを利用するメリットは以下の5つです。

1.キャリアアドバイザーの業界知識が豊富
2.エンジニア職種の求人が充実している
3.年収アップの実績が豊富
4.専門特化した手厚いサポートを受けることができる
5.新卒やフリーランス向けのサービスもある

 

1.キャリアアドバイザーの業界知識が豊富

レバテックキャリアの一番の特徴は、ITエンジニア・クリエイターに特化した転職支援を行っている点です。

ITエンジニアやクリエイターといった職業は常に新しい知識・技術が求められるため、それに合わせてキャリアアドバイザー自身も知識をアップデートしていかなければ、求職者・求人企業どちらに対しても適切なサポートやアプローチを行うことができません。

そのためレバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、専門特化した転職支援を行うために、毎週自社(レバテック株式会社)の現役エンジニアによる勉強会を開くなどしてエンジニアの仕事内容や技術に関する勉強、IT・Web業界の情報収集を常に欠かさず行っています。

自社エンジニアによる勉強会では、実際にプログラミングをしたり制作したソースコードをGithubに公開したりと、座学だけでなくハンズオン形式で技術の習得を目指すといったことも行われています。

またキャリアアドバイザーの中には、毎日10種類以上の専門誌や専門メディアに目を通し、IT業界や転職市場の動向、人気のある最新技術の情報収集を行っているようなアドバイザーもいるようです。

このような取り組みに励み努力を積み重ねることで、ITエンジニア経験者でなくてもエンジニアに対する理解力を深めることができ、結果としてエンジニアに寄り添った専門性の高い転職サポートを実現することができているのでしょう。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーに関する評判でも、「業界知識が豊富」「勉強をしっかりしている」といった高評価な口コミが多くありました。

2.エンジニア職種の求人が充実している

レバテックキャリアは様々な職種の求人を扱っていますが、サポートのメイン職種としているのはエンジニア職です。

職種別に公開求人数を調査した結果は以下の通りです。
レバテックキャリア職種別求人率
※2021年6月時点の求人数です
※求人票の募集職種に複数の職種を指定している求人があるため、全体の公開求人数と差異があります

最も求人数の多かった職種はプログラマー・システムエンジニア系職種で、全体の50%以上を占めていました。
レバテックキャリアPG・SE求人内訳
プログラマー・システムエンジニア系職種の中でも、インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア・アプリケーションエンジニアの求人がズバ抜けて多く、この上位3職種だけで1,800件超えの求人数。

「求人数の多さ=将来の選択肢の多さ」なので、エンジニア職種の求人が豊富なレバテックキャリアは、エンジニアを目指している方であれば要チェックな特化型転職エージェントです。

レバテックキャリアの評判・口コミを調べていると、「エンジニア転職ならレバテック」といった認識を持つ人が多くいました。

レバテックサービス登録者数20万人(2021年1月時点)という実績もあるほどなので、その認知度は非常に高いことが分かりますね。

「確かな実績×高い認知度×専門特化歴15年」のレバテックだからこそ、質の高い求人が集まっているのでしょう。

3.年収アップの実績が豊富

専門特化15年の実績
レバテックキャリアの公式HPによると、レバテックキャリアを利用した方のうち60%以上の方が平均50万の年収アップを実現したという実績(2020年9月実績)を残しています。

丁寧なヒアリングを行うことで求職者のスキルや経験について深く理解できているため、スキルに見合った求人を紹介することができるのでしょう。
求職者に対する理解力、業界や職種に対する理解力が高いからこその実績と言えます。

給与面の待遇改善をしたい方、今の自身の市場価値を把握したい方、これまでのキャリアを活かしてキャリアアップしたい経験者の方におすすめです。

4.専門特化した手厚いサポートを受けることができる

専門特化型転職活動サポート
ITエンジニア・クリエイター専門ならではのフォローの手厚さもレバテックキャリアの特徴の1つです。

自社採用担当の現役エンジニアが履歴書の添削をしてくれたり、応募企業へ提出するソースコードのコードレビューをしてくれたりと、担当キャリアアドバイザーだけでなく自社エンジニアの知識や経験を活かしたサポートを受けることもできます。

現役エンジニアからのフィードバックが入ることによって、応募書類の内容・面接でのアピールの仕方や見せ方のブラッシュアップができ、書類通過率や内定率を高めることができます。

また「レバテックキャリアならではの企業情報」を基にマッチング精度の高い求人を提案してもらうことが可能です。

レバテックキャリアでは年に3000回以上の企業訪問を行っており、以下のようなリアルな情報を収集することに非常に力を入れています。

  • 職場環境について
    • 実際の業務現場の雰囲気
    • 開発体制
    • 現場メンバーの人柄
    • エンジニアの在籍数 など
  • 企業の将来性や今後の事業展開について
  • 入社後どんなキャリアパスを歩めるのか
  • 研修制度・資格取得や図書費の補助の有無
  • 残業時間や実際の稼働時間について など

実際に目で見て肌で感じた情報を伝えてもらえるため、「その企業に入社したら…」といったイメージを持つこともできそうです。

さらにレバテックキャリアの場合、要望があれば面接のたびに毎回面接対策を受けることが可能です。

採用の判断基準や求職者に求めるものは各企業ごとに異なるため、面接を受ける企業ごとに対策を取れるメリットは非常に大きなアドバンテージになるはずです。

5.新卒やフリーランス向けのサービスもある

エンジニアのステージに合わせた関連サービス
レバテック株式会社は、レバテック株式会社は、レバテックキャリア以外にもエンジニア・クリエイターに特化した人材関連サービスを提供しています。

それぞれのサービスはエンジニアの各キャリアステージに特化した形になっており、単なる人材紹介や転職支援にとどまらず、エンジニアの学びや成長という段階からサポートできる体制を整えていることが分かります。

レバテックカレッジ 大学生/大学院生限定の就活支援付きプログラミングスクール
レバテックルーキー ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェント
レバテックダイレクト ITエンジニア・デザイナー向けスカウト機能付き転職求人サイト
レバテックエキスパート 年収800万円以上を目指すハイクラス向けIT転職エージェント
レバテックフリーランス IT・Web業界の常駐型フリーランスエンジニア向けエージェント
レバテッククリエイター Web/ゲーム業界のフリーランスクリエイター向けエージェント
ヒカ☆ラボ IT・Web業界の1回完結型無料勉強会

知っておくべきデメリット4つ

知っておくべきデメリット4つ
ここでは、レバテックキャリアの評判・口コミを調査して見えてきたレバテックキャリアを利用する際の注意点についてご紹介していきます。

レバテックキャリアを利用するデメリットは以下の4つです。

1.対応地域が限定的
2.求人数が大手転職エージェントに比べると少ない
3.未経験向けの求人が少ない
4.キャリアアドバイザーの質に偏りがある

1.対応地域が限定的

現在レバテックキャリアは、拠点のある地域を中心に求人を取り扱っています。
レバテックキャリア都道府県別求人率

  • 関東(東京、神奈川、千葉、埼玉)
  • 愛知
  • 関西(大阪、兵庫、京都)
  • 福岡

中でも全体の約70%の求人数を占めるのが東京の求人で、このことからレバテックキャリアが都内のIT転職を目指すエンジニア・クリエイターをメインターゲットとしていることが分かります。

愛知県にはレバテックキャリアの拠点はありませんが求人は一定数保有しているようです。

上記以外の地域の求人数は10件以下のところがほとんどだったため、サポート対象外エリアで転職をする方は残念ながら満足のいく求人紹介サポートは受けられない可能性が高いでしょう。

レバテックキャリアのサポート対象地域外で転職する方は、IT業界にも強く全国の求人を網羅的に保有している『マイナビITエージェント』のような大手転職エージェントを利用するのがおすすめです。

2.求人数が大手転職エージェントに比べると少ない


レバテックキャリアは常時5000件以上の求人を保有していますが、大手の転職エージェントと比較してしまうとどうしても求人母数はかないません。

レバテックキャリアの求人母数が抑えられている理由としては、①経験者がこれまでの経験・スキルを活かしキャリアアップできるような求人をより多く保有していること、②サポート対象地域が限定されていることが挙げられるでしょう。

専門特化している分、求人情報の豊富さや厳選企業を紹介してもらえるといった点において大手に引けは取らないものの、大手に比べ求人母数が少ないレバテックキャリア1社だけに絞って転職活動を進めていくやり方にはリスクが伴います。

そのため、多くの求人を保有しており総合的な転職支援に強みを持つリクルートエージェントやdodaのエージェントサービスといった大手転職エージェントも併用してみましょう。

求人を網羅的に見ることができますしレバテックキャリアとは違った視点からいろんな情報を収集することもできるはずですよ。

3.未経験向けの求人が少ない

レバテックキャリアは、IT・Web業界やエンジニア・クリエイター職が”まったくの未経験”の方向けの求人はあまり多くは扱っていません。

1件もないという訳ではないため紹介してもらえる可能性は十分ありますが、そのためには「努力の形跡」を示すことが重要になるはずです。

例えば、未経験だけど個人的に何かしらのアプリケーションやプロダクトを作った経験がある、資格を取得してみた、Githubにコードを公開してみたなど、熱意や自己研磨に励んだ証を伝えられないと、求人紹介までこぎつけずに終わってしまうといったケースになることも考えられます。

またレバテックキャリアから紹介される未経験可求人の多くはSES求人が多いようなので、その点も念頭に置いておきましょう。

レバテック株式会社は、レバテックキャリアの関連サービスとして未経験からITエンジニアを目指す方向けの『レバテックビギナー』という転職サポートサービスを提供していましたが、残念ながら2021年3月でサービス終了となっています。

レバテックビギナーのサイトを見てみると「キャリア相談はレバテックキャリアへ」となっているため、まったくの未経験者の方もひとまずはレバテックキャリアにキャリア相談してみるといいでしょう。

その上で未経験を理由に求人紹介を断られてしまった場合は、『TechAcademy』や『DMM WEBCAMP COMMIT』などの転職支援付きプログラミングスクール、未経験からのキャリアチェンジを目指す若者の転職支援に強い『ワークポート』、未経験者向け研修制度が設けられている『DYM IT転職』といったIT転職に強いエージェントの利用を検討してみてください。

4.キャリアアドバイザーの質に偏りがある

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーの対応に関する評判については、高評価口コミ・低評価口コミどちらもありました。

キャリアアドバイザーは求職者の様々な相談に対応してくれる存在ではありますが、アドバイザーとしての経験数などが影響して少なからず転職サポートにおける能力差が出てしまいます。

また、いろんな性格の人がいますから自分と相性が良くないアドバイザーが担当になってしまうこともあるでしょう。

そんなアドバイザーとはあまりうまくコミュニケーションが取れず結果的に満足のいくサポートを受けられないといったケースに陥る可能性もあります。

担当アドバイザーが希望に沿った対応をしてくれないなど相性が良くないと感じた場合は、キャリアアドバイザーを変更してもらうか、他の転職エージェントへの登録を検討しましょう。

レバテックキャリアがおすすめな人の特徴


ここまでレバテックキャリアの評判・口コミやメリット・デメリットまで見てきました。

結論として、レバテックキャリアは以下のような方が利用するのにおすすめな転職エージェントと言えるでしょう。

  • IT・Web業界での正社員転職を検討している
  • サポート対象エリアで転職予定※東京、大阪、福岡
  • IT・Web業界経験、エンジニア・クリエイター職経験がある
  • 将来を見据えたキャリアの相談をしたい
  • 業界企業の詳細でリアルな内部情報が欲しい
  • これまでのキャリアを活かしてキャリアアップしたい
  • フリーランスから正社員に転身したい

レバテックキャリアを活用して満足のいく転職を実現できたエンジニアやクリエイターは多いです。

IT・Web業界での転職活動を進める方にとってレバテックキャリアは登録・活用必須の転職エージェントです。

登録から入社までの利用の流れ


レバテックキャリアの利用をスムーズに始められるように、事前に登録から入社までのサービス全体の流れを確認しておきましょう。

利用の流れ
Step1.Webで申し込み
Step2.面談・カウンセリング
Step3.求人紹介
Step4.応募・面接
Step5.内定・入社

Step1.Webで申し込み

レバテックキャリアのサービス利用開始は、Webから申し込むことができます。
まずは無料登録フォームに必要事項を入力して登録しましょう。

任意項目ですが、スキルシート・ポートフォリオをアップロードしておくことができます。

この登録の時点で提出しておくことで、よりあなたの経歴・スキル・希望にマッチした求人を迅速に紹介してもらいやすくなるため、可能であれば提出しておくといいでしょう。

登録後3営業日以内にレバテックキャリアの担当者から連絡がきます。
連絡をもらったら次のStep2に進みましょう。

Step2.面談・カウンセリング

レバテックキャリア登録後は担当キャリアアドバイザーとマンツーマンで面談・カウンセリングを行います。

この面談・カウンセリングでは、以下のようなことが行われます。

  • キャリアの棚卸し(職務経歴書・習得スキルの確認)
  • キャリアプランを立てる
  • 転職の希望条件の確認
  • スキルシート・ポートフォリオのフィードバック
  • 求人紹介(早ければその場で紹介してもらえる)など

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーはIT業界の知識や最新の業界動向を熟知していると口コミでも評判が良く、IT業界やエンジニア職に対する理解度の高さが見受けられます。

そんなIT転職のプロからキャリア実現に向けた実践的なアドバイスや手厚いサポートをしてもらえる点が、レバテックキャリアの面談・カウンセリングを受けるメリットと言えるでしょう。

また、まだ転職すると決めていない段階でもキャリア相談は可能です。
自分の市場価値を知りたい、適職を知りたい、キャリアパスを一緒に考えてほしいなど、どんな理由でも構いません。

レバテックキャリアの面談・カウンセリングを通して自身の考えや方向性がまとまったという口コミも多くあるので、モヤモヤした気持ちを抱えている方はレバテックキャリアのキャリアアドバイザーに相談してみるといいでしょう。

なお、レバテックキャリアの面談・カウンセリングは、レバテックキャリアのオフィス(東京、大阪、名古屋、福岡)で行うか、電話やオンラインでも対応してもらうことが可能です。

Step3.求人紹介


面談・カウンセリングの後は、レバテックキャリアの担当アドバイザーが厳選した求人を紹介してくれます。

積極的に企業訪問を行ったり、レバテックキャリア関連サービスとの横の連携を活かして多角的に企業情報を集めたりしているため、レバテックキャリアは求人企業各社の詳細情報を多く保有しています。

職場環境や職務内容、現場メンバーの人柄などまで深く理解した上で求人を紹介してもらえるため、求職者はそれらの情報を把握した上で応募するかどうかの判断が可能となります。

この点はレバテックキャリアならではのメリットですね。

Step4.応募・面接

応募する求人が決まったら、企業との面接に向けてレバテックキャリアの担当アドバイザーと選考対策を進めます。

企業の採用担当者の目に留まるような書類を作成するアドバイスをもらえたり、面接マナーや好印象を与えるコツなどを踏まえた万全な面接対策を受けることができます。

面接対策は面接があるたびに行ってもらうことが可能なため、面接を受ける企業ごとの対策を取れることができます。

応募に際しレバテックキャリアの担当アドバイザーが「推薦状(あなたの強み・人柄をPRする推薦文)」を応募先企業へ提出するのですが、推薦状の内容は提出前に確認させてもらうことをおすすめします。

そうすることで他己分析になりますし、何よりそのキャリアアドバイザーの提案力などを把握することもできますよ。

選考結果はレバテックキャリアの担当アドバイザー経由で連絡が来ます。

もし選考不通過になってしまった場合は、企業の採用担当者からのフィードバックも一緒に聞いておき、次回の面接に活かしていきましょう。

また、求職者からは言い出しづらい給与・年収交渉や入社日調整はレバテックキャリアの担当アドバイザーが対応してくれるので、遠慮なく相談してみましょう。

Step5.内定・入社

内定・入社が決まった後の入社準備もレバテックキャリアの担当アドバイザーがサポートしてくれます。

現職の円満退社に向けたフォローや書類作成のアドバイス、入社後は状況のヒアリングを行うなど、最後までしっかりとフォローしてもらえます。
 

 

レバテックキャリアを有効活用するコツ


レバテックキャリアを利用するのであれば、最大限有効活用して少しでも転職成功率を高めたいですよね。

最後に、レバテックキャリアを有効活用するコツを5つ紹介するのでチェックしてみてください。

1.嘘はつかない
2.転職の目的を明確化しておく
3.推薦文をチェックする
4.質の悪い担当アドバイザーはすぐに変更する
5.他の転職エージェントも併用する

1.嘘はつかない

レバテックキャリアの担当キャリアアドバイザーには、事実と本音だけを伝えるようにしましょう。

自分をよく見せようと本音を隠したり、見栄を張って嘘をついたりする人がいますが、正確な情報がなければ適切なサポートを行うことができず、レバテックキャリアを利用するメリットが半減してしまいます。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、求職者の強みを引き出すことを非常に得意としているので、恐れずに自分のキャリアや本音を打ち明けることをおすすめします。

レバテックキャリアの担当アドバイザーが、あなたのキャリア実現を最適な方法でサポートしてくれます。

2.転職の目的を明確化しておく

「なぜ転職しようと思ったんですか」
これはレバテックキャリアの担当アドバイザーとの面談・カウンセリングで必ず聞かれる質問の1つです。

そのため、レバテックキャリアとの初回面談・カウンセリングを受ける前に、「なぜ転職したいのか」を明確にしておきましょう。

自分の本当の気持ちを洗い出すことができれば、「現状の何に不満を感じているのか」が把握できるため、「転職で何を実現したいのか」が自ずと分かってくるはずです。

もし転職目的を上手く言語化できない場合は、レバテックキャリアの担当アドバイザーにその通り正直に伝えてアドバイスをもらうといいでしょう。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーはIT業界やエンジニア職に対する理解度が非常に高いと口コミでも評判なので、転職理由の整理やそれを基に的確なサポートを行ってもらうことができるでしょう。

3.推薦文をチェックする

応募する求人が決まると、レバテックキャリアの担当アドバイザーは応募企業に「推薦状」というあなたの強み・人柄をPRする推薦文を応募書類と共に企業へ提出します。

レバテックキャリアの担当アドバイザーから履歴書や職務経歴書だけでは伝えきれないあなたの人柄や熱意、魅力をアピールしてもらえるというメリットがあります。

この推薦状は申し出れば確認させてもらえるため、「面接時に推薦状の内容を基に質問される可能性があるため、推薦状の内容とずれが生じないように確認したい」と申し出て、内容を確認しておくことをおすすめします。

そうすることで、レバテックキャリアの担当アドバイザーがどんな評価をしてくれているのかや、担当アドバイザーの提案力・技量を把握することもできますよ。

4.質の悪い担当アドバイザーはすぐに変更する

レバテックキャリアは質が高く手厚いサポートをしてもらえると口コミで評判ですが、実際に転職活動をサポートするのはレバテックキャリアの担当アドバイザーですから、担当アドバイザーの実力や経験値、担当アドバイザーとの相性などによってサポートの質は大きく変わってきます。

もし「この担当アドバイザー頼りないな」「苦手だな」と、レバテックキャリアの担当アドバイザーのサポート対応に不安や不満を感じた場合は、早めに担当者変更依頼を出しましょう。

担当アドバイザーと信頼関係を築き主義主張をしっかりし合える仲でいることが、転職活動を効率的に進めていく近道になります。

まずはレバテックキャリア登録後の面談・カウンセリングにおいて、担当となるアドバイザーがどんな人物か見極めてみましょう。

5.他の転職エージェントも併用する

レバテックキャリアに登録しサービスの利用を開始できたら、他の転職エージェントにも登録してみましょう。

レバテックキャリアに限らず転職エージェントを利用して転職活動を進める場合、転職エージェントは複数利用するのが断然おすすめです。

複数利用をおすすめする主な理由は以下の3つです。

  • 閲覧可能な求人数が増えるため選択肢が増える
  • 各転職エージェントの強みや特徴を活かした転職活動が可能となる
  • 複数のキャリアアドバイザーのアドバイス・サポートを並行して受けられる

レバテックキャリア、大手転職エージェント1社、IT・Web業界に特化した転職エージェント1~2社に登録し、最終的には使い勝手が良く担当アドバイザーとの相性がいいと思う転職エージェントに絞り込んで利用していくのが転職成功率を高めるコツですよ。

参考:レバテックキャリアとの併用におすすめな転職エージェント

レバテックキャリアとの併用におすすめなIT・Web業界に特化した転職エージェントを目的別にまとめておきます。
複数利用する転職エージェントを選ぶ際に参考にしてみてください。

目的 おすすめ転職エージェント
実務経験がまだ浅い方や転職が初めての方におすすめ マイナビITエージェント
スキルに自信がない方や業種職種ともに未経験の方におすすめ ワークポート
待遇改善・年収アップを目指す方におすすめ Geekly
丁寧なキャリアカウンセリングを受けたい方におすすめ type転職エージェント
クリエイター職を目指すかたにおすすめ マイナビクリエイター
女性の転職に強いアドバイザーの支援を受けたいかたにおすすめ パソナキャリア
フリーランスを目指す方におすすめ レバテックフリーランス

レバテックキャリアとの併用におすすめなIT・Web業界に特化した転職エージェントの特徴や評判などは以下の記事で紹介しているので、気になった方は参考にしてみてください。
●IT業界・エンジニアに強いおすすめ転職エージェント12社をご紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んで、レバテックキャリアがどんな転職エージェントなのかお分かりいただけたのではないでしょうか。

レバテックキャリアはIT・Web業界やエンジニア・クリエイター職を目指す方にとっては登録するだけでもメリットが豊富なIT転職エージェントです。

レバテックキャリアに少しでも興味を持たれた方は、ぜひ登録してみてください。

この記事があなたの転職活動のお役に立てることを願っています。
 

 

CATEGORY

OTHER COLUMN