RaiseTech(レイズテック)の特徴・評判まとめ

レイズテックは挫折をさせないプログラミングスクール!? 特徴と評判をまとめました。

更新日: 公開日:
レイズテックは挫折をさせないプログラミングスクール!? 特徴と評判をまとめました。

RaiseTech(レイズテック)は最速で「稼げる」プロになるための、実践的なWebエンジニアリングスクールです。

「エンジニアリングスクールってなに?」と思った方もいるでしょう。

エンジニアリングには「工学」という意味がありますが、科学技術を応用して人間の生活に役立てる技術のことも意味します。日本には、プログラミングスクールが多くありますが、それらの大半は特定のプログラミングだけを学ぶことが多いです。

しかし、実際に現場に出てみるとプログラミングの知識だけでは足りなくなることが多いです。

レイズテックでは最速で稼げるプロになるために、現場で求められるさまざまな技術・知識・考え方まで、リアルタイムの授業で教えてもらうことができます。

この記事では、レイズテックの特徴と評判をまとめると共にコースの種類やサポート内容を紹介していきます。

 

この記事がおすすめな人

  • レイズテックがどんなプログラミングスクールなのか知りたい
  • レイズテック受講経験者の口コミや評判を知りたい
  • 自分にあったスクールなのか見極めたい
  • 受講するとどんな経験・スキルを積み上げることができるのか知りたい

 

この記事を書いた人

津田 徹(つだ とおる)

アクロスロード株式会社 代表取締役
津田 徹(つだ とおる)
世界のGiversを目指し、”日本で1番エンジニアを育成できる会社”を掲げて日々試行錯誤しています。成したエンジニアをグローバルに展開して、世界の課題をITを活かして解決したいと考えています。2021年3月「理解できればビジネスが10倍加速する! SEのトリセツ」を出版。プロフィール詳細はこちら

レイズテック(RaiseTech)とは?

RaiseTechとは?

引用:RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)は【最速で「稼げる」プロになる】がコンセプトとなっているオンライン完結型のプログラミングスクールです。

現場で通用するプロになってほしいという思いから、最前線で活躍する講師が、実際に現場で使われている技術を教えてくれるのです。

レイズテックでは「稼げる」にこだわった技術を習得することができます。

稼げるとは、案件が豊富である、単価が高い、これから人気が出るといった市場が求めているスキルのことです。そのためスキルを習得することで仕事につながりやすく、稼げるエンジニアに近づけるのです。

さらに、自力で稼げるようにサポート体制が充実しています。チャットでの質疑応答は内容も期間も無制限になります。

受講期間中はもちろん、受講が終了した後も無期限でサポートが受けられるのがRaiseTechの強みです。

レイズテックの基本情報

 

料金 ¥248,000 ~ ¥498,000(税込)
授業形態 オンライン講座形式
習得技術 Java/AWS/WordPress/デザイン/Lステップ
カリキュラム 詳細まで全公開
講師 現役で稼いでいるエンジニアのみ
受講期間 4ヶ月
就職、転職支援 自社案件紹介、他社利用含め、有り
無料体験 2週間のトライアル受講(無料期間)有り
運営会社 株式会社RaiseTech
公式HP https://raise-tech.net/

 

レイズテックの特徴とサポート

レイズテックの特徴

レイズテックがどんなスクールなのか詳しく見ていきましょう。

まずは、レイズテックの強みを3つ紹介します。

レイズテックの強み

  1. 月単価80万円以上の現役講師への質問無制限・内容不問!
  2. 2週間のトライアル期間アリ!しかも期間中は全額返金保証付き
  3. 自社開発を行うシステム会社が運営!

 

月単価80万円以上の現役講師への質問無制限・内容不問!

レイズテックは徹底的に現場主義。講師はなんと全員、月単価80万円以上の現役エンジニアです。

現役エンジニアとは今まさに現場に出ているエンジニアという意味になるので、講師は全員副業という形で講師を行っています。

現場の最前線で活躍している方が講師になるので、今実際に現場で求められている技術が鮮度のいい状態で知ることができ、教えてもらえるのです。

そんな講師の方とのコミュニケーション方法はチャットや通話になります。

プログラミングスクールでは質問できる時間が決まっていたりと制限がついているところも多いのですが、レイズテックでは質疑応答は無制限に、どんな質問でもすることができます。

 

2週間のトライアル期間アリ!期間中は全額返金保証付き

レイズテックが気になって受講してみたいけど、決して安いとはいえない料金であるため気軽には決められないというあなたにおすすめのトライアル受講制度について紹介します。

受講開始から2週間(14日)は、トライアル期間とされ全額返金保証が付いています。

学習スタイルが合うか合わないか確認できる良い制度ですので、実際に体験してみてはいかかでしょうか。

トライアル受講対応コースはこちら

  • デザインコース(4ヶ月)
  • WordPress副業コース(4ヶ月)
  • Javaフルコース(4ヶ月)
  • AWSフルコース(4ヶ月)
  • Reactコース(4ヶ月)

 

詳しい内容は、レイズテック公式HPをご確認ください。

 

自社開発を行うシステム会社が運営!

中国向けECサイトを自社開発し、大手企業との直接請負による案件受注も行うシステム会社が運営に携わっています。

そのため自社開発、自社からの直接紹介、直接発注も行っているからこそわかる面談時の注意点や、採用のポイントを伝えてくれる就職・転職支援制度があります。

この制度では、悩みや不安があれば相談できるほかポートフォリオ、履歴書の添削までお願いできます。

ポートフォリオでは、作成のための学習支援や履歴書をより伝わりやすくするための添削。面接時のコツまで無料で徹底サポートしてくれます。

就職や転職をするのに一人では挫折してしまいそうな大変な作業をサポートしてもらえるのは嬉しいですね。

 

レイズテックの5つのサポート

レイズテックのサポート体制

続いてはレイズテックが行っている5つのサポートについて詳しく紹介していきます。

レイズテックの特徴として、1度の受講で半永久的に受けられるサポートがあります。

普通のプログラミングスクールでは、チャットや通話のサポートは受講期間内だけといった制限があるのですが、なんと受講が終了した後も無期限でサポートが受けられるのです。

 

Support① 質疑応答は無制限!どんな内容でも大丈夫!

受講期間中も受講後も半永久的に質疑応答ができます。

また、現役エンジニアが対応するから、技術的な質問についてはほぼ全ての内容に対応可能とのこと。

しかも質問内容に制限が設けられていないので、受講しているコースの疑問からキャリアの相談に人生相談もできてしまいます。

レイズテックのチャットサポートは「Slack」というチャットツールで行われます。

ITベンチャー企業など多くの企業で採用されているツールのため、慣れる良い機会にもなります。

そして、質問自体は24時間いつでも大丈夫なので、時間外で質問できずに質問内容を忘れてしまうということもありません。

Slackから退会しない限りはいつでも利用可能なので半永久的なのです。

 

Support② 状況に応じて補講の実施や動画教材を提供!

様々な事情で課題の進行などに遅れが出た場合、講師が必要に応じて補講を実施してくれます。

他にも、全体を通して伝えておきたいことや知っておいて欲しいことが出た場合に、講師や運営チームが動画教材を提供するとのこと。

常に現場を意識するレイズテックだからこそ現場で必要なことは余すことなく伝えてくれるのですね。

 

Support③ 希望者全員と個人面談を実施!

個人面談ではRaiseTechの代表が面談をしています。

ほかのプログラミングスクールでは代表と一対一で話せる機会はそうそうないので、レイズテックならではの強みとなります。

さらに決まった時間に参加できない方でも日程を調整して個別に時間を取って面談をしてくれるなど、常に受講生を最優先としているようです。

 

Support④ 受講生同士のコミュニティに参加できる!

受講すると入れるようになるコミュニティでは受講生同士でのコミュニケーションがいつでも取れるようになります。同じ受講生だからこそ話せることや不安点などを共有できるのは良いですね。

また、既に卒業した受講生からのアドバイスが来ることもあるかもしれないそうです。

コミュニティの中で同じ目標を持つ仲間と学習をすることでモチベーションの維持に繋がり挫折することも防げますね。

 

Support⑤ 転職支援・案件獲得も無期限サポート!

転職支援では「転職クエスト」との提携。

転職クエストとは、未経験からのWebエンジニア転職に特化したオンラインスクールです。

自己アピールの方法やリアルタイムの転職情報などのエンジニア転職に必要な情報がつまっている転職クエストと提携していることで受講生が転職したい会社への転職がしっかりとサポートされます。

さらに、学習状況をポートフォリオ化する「BuildUp」との提携もあります。

BuildUpは、毎日の積み上げを見える化する学習記録アプリです。

学習記録をつけることで、過去の学習を振り返りながら成長を確認できて挫折することなく学習を進めることができます。

 

レイズテックのコースと料金

レイズテックのコースと料金

Javaフルコース

案件数がトップのプログラム言語・Javaと現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コース

昔から使われている言語であるJavaを、現場で通用するレベルまで学習するコースです。

 

Javaフルコースの特徴

  • JavaでのWEBアプリケーション開発を実践的に学習できる
  • 周辺技術として、フレームワークやライブラリについて学べる
  • 自動化、DevOps、AWSといった現場の技術を学べる

 

授業回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)
料金 通常価格 448,000円 (税込)
学割 288,000円 (税込)
リアルタイム授業の第1回目 1月/3月/5月/7月/9月/11月
無期限サポート
2週間のトライアル期間

 

AWSフルコース

クラウドサービスでトップシェアを誇るAWSの技術と現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コース

今話題のクラウドサービスでシェアがトップであるAWSを、現場で通用するレベルまで学習するコースです。

 

AWSフルコースの特徴

  • AWSの基礎から応用まで、総合的に習得できる
  • 周辺技術として、Webアプリケーションの開発について学べる
  • 自動化、DevOpsといった現場の技術を学べる

 

授業回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)
料金 通常価格 448,000円 (税込)
学割 288,000円 (税込)
リアルタイム授業の第1回目 1月/3月/5月/7月/9月/11月
無期限サポート
2週間のトライアル期間

 

WordPress副業コース

WordPressというCMSを使った、副業に特化した技術を習得する総合コース

WordPressと呼ばれるコンテンツ管理を支援するシステムを使って、Webサイトを制作する技術を学ぶコースです。

 

WordPress副業コースの特徴

  • HTMLやCSSといったWebサイト制作の技術を基礎から習得できる
  • WordPressを使ったWebサイト制作ができるようになる
  • 現場で必要とされるGitやCSS設計まで実践的に学べる

 

授業回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)
料金 通常価格 348,000円 (税込)
学割 248,000円 (税込)
リアルタイム授業の第1回目 2月/4月/6月/8月/10月/12月
無期限サポート
2週間のトライアル期間

 

デザインコース

デザインの技術と知識を最速で現場レベルになるまで学ぶ総合コース

様々な情報が行き交う現代において必要不可欠な技術がデザインです。

 

デザインコースの特徴

  • デザインの知識やツールの使い方を総合的に習得できる
  • ウェブデザイン、印刷物のデザインを実践的に学べる
  • SNSの活用方法やポートフォリオについてもプロがサポート

 

授業回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)
料金 通常価格 348,000円 (税込)
学割 248,000円 (税込)
リアルタイム授業の第1回目 2月/4月/6月/8月/10月/12月
無期限サポート
2週間のトライアル期間

 

Lステップコース

Lステップ構築者のためのマーケティング基礎から、Lステップの応用的な使い方まで学ぶ、副業も可能なアドバンスドコース

Lステップ構築者に必要となるマーケティング知識を学ぶことから始まり、Lステップの多岐にわたる機能や活用方法を学び、Lステップの構築を仕事として、個人でも案件獲得ができるようなコースです。

 

Lステップコースの特徴

  • Lステップ構築者に必要なマーケティングの基本からしっかり学べる
  • 個人でも案件を獲得しやすい「Lステップ」について学べる
  • 「Lステップ」の構築だけでなく改善方法まで学べる

 

授業回数 全8回 (週1回/1回あたり120分)
料金 通常価格 298,000円 (税込)
リアルタイム授業の第1回目 1月/3月/5月/7月/9月/11月
無期限サポート
2週間のトライアル期間 ×

 

受け放題コース

受講料+79,800円で、合計2コース無期限受け放題!

選択したコース受講料に+79,800円を支払うことで、関連のあるコースが追加で受講でき、受講期間は無期限というプランです。複数スキルを身につけたい方は、受け放題がおすすめです。

 

受講コースの組み合わせ

ウェブ制作

ウェブ制作の技術を身につけて、成果を生み出すウェブ制作者、デザイナーを目指します。

WordPress副業コース + デザインコース

エンジニア

Webサービスを前提としたアプリケーションの開発からインフラの構築・自動化まで「フルスタック」なスキル習得を目指します。

AWSフルコース + Javaフルコース

※別の組み合わせでの受講も別途相談も可能ですが、追加料金がかかる場合があります。

 

受け放題コース例

引用:RaiseTech

 

受講の流れ

  1. お申し込みページで最初に受講したい任意のコースを選択。受け放題の適用にチェックを入れて申し込み。
  2. 最初のコースを修得した後、追加コースの受講開始
  3. 該当コースは無期限で何度でも受講可能

注意点として受け放題には、次のコースに進む条件として受講中コースの全課題を終了する必要があります。

まず選択したコースの学習に集中するためにそういった制限が設けられています。

 

 

レイズテックの良い評判と口コミ

レイズテックの良い評判と口コミ

卒業生でも講義に参加できる

卒業した後でも講義に参加することができるのです。
さらに質疑応答や講義の録画も半永久的に閲覧可能です。

一定期間で録画については削除されてしまうのですが、申請すれば最新版を常に閲覧できます。

受講後もコミュニティがある

受講後もオンラインのコミュニティにとどまり続けることができるという点です。
受講期間終了後も質問・相談などを受け付けてくださるので現場に出た今でもコミュニティの存在は安心感を生んでいます。
コミュニティは非常に活発で勉強会などの頻繁に開催されているので、そういった機会を得られるのはとてもありがたいと感じています。

引用:RaiseTech

やはり一度の受講で半永久的に受けられるレイズテックのサポートは口コミでも良い評判が多かったです。

実際に現役のエンジニアからサポートを受けることは独学でやっていると厳しいものがあるので、こういったサポートが常に得られることは嬉しいですね。

現場の求めるレベルを学べる

現場で通用するレベルのAwsのスキルを身に付けられたことです。
受講期間中は「こんな高度なことまでやるのか・・・」と思っていた技術も、実際の現場でバンバンでてくるので、現場の求めるレベルを学べたんだなと実感しました。

引用:RaiseTech

完全未経験、業界知識がない初心者でも現場に出れるよう、比較的難しい内容の学習も求められます。

やはりそこは、最速で「稼げる」プロになるためのスクールである秘訣になっているのでしょう。

 

レイズテックの悪い評判と口コミ

レイズテックの悪い評判と口コミ

とにかく難しい

Awsコースはとにかく難しいです。現場で求められるレベルを学ぶので、インフラの基礎知識がないとかなり苦戦します。
僕の場合は、学習を開始して4か月目でようやく理解できたので、もし2か月コースだったら理解できないまま卒業していたと思います。

引用:RaiseTech

現場の求めるレベルを学ぶので難易度が高いという評判が多く見受けられました。

実際に挫折率は決して低くないとのことですが、受講生自身が「やる」と決めて行動すれば、全力でサポートしてもらえます。

自分に合うかどうか不安な方は一度無料相談会もやっているので行ってみてはいかかでしょうか。

自走力が求められる

スクールとして「自走力」を習得することを一つの目的としているので、初めから細かく教えてもらいたい方はかなり想像と違う内容になるかもしれません。
あと転職活動は自分で行ったのですが、スクール内の就職、転職サポートはまだこれからなのかなと思います。

引用:RaiseTech

現場主義であるため初心者にとっては難しい場面もあるようです。

また、レイズテックでは自走力を習得することを目指しているため、定期的な案件紹介などはなく、案件を見つけたり転職を成功させるための支援に力を入れています。

そこで、一見突き放している印象になりますが、質問対応では講師やメンターの方々、時には受講生に丁寧に対応していただけるので、挫折せずに講座を進められるという声もありました。

よくある質問

プログラミングスクールでよくある質問

初心者ですが大丈夫ですか?

基本的なPC操作が出来れば問題ないです。

講師や運営、公式メンターが徹底的にサポートしてくれます。

レイズテックには年齢制限はありますか?

講師や運営、公式メンターが徹底的にサポートしてくれます。年齢制限はなく、どのような方でも受講することが可能です。

どのくらいの期間でスキルが身につきますか?

個人差が出る部分はありますが、おおよそ300時間確保することができたら、結果を出しやすくなるそうです。最速で稼げるようになるには現場で通用しないといけないため、どうしても学習時間は増加傾向にはあります。

レイズテックの受講にあたって、どのようなパソコン環境が必要になるでしょうか?

公式から出されている参考スペックはこのようになっています。

最低スペック
OS:Windows10以降、macOS Mojave(バージョン 10.14)以降
CPU:Intel Core i5以上
メモリ:8GB以上
ストレージ:256GB
推奨スペック

OS:macOS Mojave(バージョン 10.14)以降
CPU:Intel Core i7以上、M1
メモリ:16GB以上
ストレージ:512GB(SSD搭載推奨)

 

一度も通わなくても大丈夫でしょうか?

オンライン講座形式のため、通う必要はありません。

世界中どこでも受講できます。

まとめ

RaiseTech(レイズテック)は最速で「稼げる」プロになるための、実践的なプログラミングスクールの一つです。

しかも、提供しているサポートは一度の受講で半永久的に受けられるという充実したものとなっています。

特に、受講後の講座内容や質疑応答、講師の対応に関する口コミはどれも満足度の高いものばかり。

公式サイトもポップなイメージが非常に強く、とっつきやすい印象がありますので一度訪れてみてはいかかでしょうか。

さらに興味のある方は、まずは無料のオンライン説明会に参加してみるのがおすすめです。

毎週金曜日20時から開催しているオンラインの無料説明会では、レイズテックについての説明はもちろん、現場のリアルな情報も得ることができるでしょう。

 

 

この記事で紹介した情報がスクール選びの参考になれば幸いです。

▲目次に戻る

おすすめ関連記事

安い費用でスキル獲得!質の高いおすすめプログラミングスクール12選
安い費用でスキル獲得!質の高いおすすめプログラミングスクール12選

この記事では、なるべく安い費用で確実にプログラミングやITスキルを獲得したい方におすすめのプログラミングスクールを厳選して紹介します。また受講料が安いプログラミングスクールの仕組みや、スクールの費用の…

続きを見る

CATEGORY

OTHER COLUMN